男の婚活【初デートで沈黙への対処法】

初回デートは昼間か夕方のお茶にするのがオススメとお話ししましたね。
そして2時間という時間制限を持っておくのがいい理由もあります。

初回デートの心得

仮に、初回のお茶デート時間が2時間だとして、「仲良くなっていない女性」と2時間喋りっぱなしの盛り上がりっぱなしというのは、まずあり得ません。

必ず、フッと沈黙してしまう瞬間がやってきます。

そして、そんな時こそ「男の器」を見せるチャンス。アナタがリードしてあげましょう。

ふいに訪れる沈黙への対処法

・沈黙を気にしない、は無理

沈黙を気にしない、どころか「沈黙すらも楽しめる」男こそが上級者だと思いますが、アナタは上級者ではありません。

と言いますか、沈黙は気になりますよね。「つまらない男」と思われているかもしれない・・・
一刻も早く、気の利いた話題を振らないとおわってしまう!

・とは言うものの

沈黙になった時に、「やばい、何か話さなきゃ!」と慌てると、それが相手に雰囲気で伝わります。

そして「なんか余裕がない人だな〜」と思われてしまう。
精神的な余裕がない男と、結婚なんて考えられないですよね?

内心では大慌てだったとしても、ポーカーフェイスに徹すること。
無言になってしまった時は、思い切って相手の女性の顔を見つめてみましょう。

「どうしたんですか?」

と聞かれたら、「いや、見とれてしまいました」と返すくらいの余裕を持ってください。

※どこか遠くを見つめたり、メニューを凝視するのはやめましょう。女性に嫌な思いをさせてしまします。

・昨日あったこと

困った時の話題の1つが「昨日あったこと」です。
例えば、「実は昨日、今日のこの大イベントに備えて服を買いに〜〜〜結局、いいのなくて。◯◯さんは、いつもどこで服を買ったりするんですか?」とか。

※最後は質問で締めておくのがポイント。会話が広がります。

この時に気をつける点は、質問で締めくくる時の「聞き方」です。

実は先ほどの質問も、「どんなお店で買うことが多いの?」の方がいい場合があります。
理由としては、「いつも行くお店」を特定するための質問=プライベートの詮索になってしまいかねないからです。

もちろん、そんな意味に受け取る女性は滅多にいないと思いますが。

先ほどの例以外で言うと、「この間●●というお店で食事したんです。変わった食材を使っているお店で、この年になって初めて食べるものが多かったです。◯◯さんは和食とか中華、イタリアンとかだと何が多いですか?」

と言う聞き方もあります。

女性が「イタリアンに行くことが多いかな」というように答えやすいですよね。

・打開策を逆に聞く

「今さ、ちょっと沈黙きてますよね。こう言う時って、全力でいろんな話題振るのと、あえてドンと構えてるのと、どちらが男としてアリだと思います?(笑顔)」

このやり方は、意外と場がなごみます。
1つの手として持っておいてください。

※ぶっちゃけてしまった方が活路が開けることもある。

スポンサーリンク