婚活男性へ、初回デート成功の秘訣【会話編】

注文したものが来るまでの会話と挙動

無事に注文を終えました。おそらく、数分後にはモノが運ばれて来るでしょう。
さてどうするか・・・

さほど親しくない2人で飲みに行った時、ビールがくるまでの「乾杯前の数分間」って、なんとなく手持ち無沙汰で気まずくなる時がありますよね?

同種の時間帯だと心得てください。

メニューの注文で気をつけることについてはこちらの記事へ

・ある意味、つなぎの時間

「待ち合わせ場所からお店までの道中」と同じく、ある意味では「つなぎの時間」です。
もちろん、無言でいるのはNG。

差し障りのないトークでOKです。

※こう言う時こそ、普段からの積み重ねがモノを言う

女性に好まれる話題とは?

「会話は聞き上手になれ」が正解ですが、女性の方からガンガン話し続けてくれるわけがありません。

基本、話題を振るのは男の役目だと思ってください。
とは言え、盛り上がればなんでもOKというわけではない。

女性が好む話題を、最低でも「女性NGとしない話題」を押さえておく必要があります。

・鉄板はない

残念ながら、「必ず盛り上がる話題」なんてものはありません。
身もふたもない言い方になりますが、「人それぞれ」です。

だから、まずアナタがすべきことは「相手が興味を持っていることを探るためのトーク」、これだと思ってください。

つまり、アナタから色々と質問をするのです。

※言うまでもありませんが、天気の話などしても全く意味がありません。

・突破口を探す

相手の女性の趣味や休日の過ごし方などを聞きつつ、相手の趣向を探る。
その際、注意して欲しいのは「〜ですか?〜ですか?」のように質問攻めにならないことです。

※「僕は映画をよく観に行くんですよ。◯◯さんは、映画を観るのは好きですか?」のように、、まずは自分について短く話すのが基本。

・例えば映画の話

映画の話は比較的、盛り上がりやすいネタの1つです。
少なくとも、話題作やヒット作については「私も観た」あるいは「観たかったんだけどまだ観てない」のどちらかの反応でしょう。

どちらに転んだとしても、話を発展させやすいですよね。

・例えば「食」の話

食に興味がない女子はいません。

・こんな美味しいものを食べた
・この前行ったお店が美味しかった
・こんな美味しいもの食べた

※つまり、普段から無理をしてでもいろんなお店に行っておけ!と言うこと。
いろんなお店を知ることも婚活の1つなのです。

・チリも積もれば

「食」もそうですが、要は「いろんなものを見て、いろんなところへ出かけて、いろんな経験をする」、これをいかに普段から積み重ねておけるかどうかです。

TVや雑誌、ネットニュースなど見るのもネタ集めです。(女性が好まないマニアック系は除く)
いますぐ出来ることから始めましょう。

スポンサーリンク