婚活男性へ、初回デート成功の方法【お店での注文編】

お店に入ってから着席までに注意すること

お目当てのお店に着いたら、お店に入って席に着く。
ごくごく当たり前の動きですが、この「お店に入ってから席に着くまで」の1分前後には、様々なハードルがあるのです。

ここでの行動1つで、あなたの「男の器」が測られると言っても過言ではありません。
そんな勝負どころだと思っておいてください。

お店の選び方についてはこちらの記事へ

・店員への声かけは男の役目

お店に入った瞬間に、店員がサッとよってきて案内をしてくれるとは限りません。
そんな時、なんとなくモジモジしてしまうのは最悪のパターン。

男であるあなたが、すぐに堂々と張りのある声で、しかし決して高圧的にはならずに、「すいません!」と声をかけてください。

・当然、禁煙席へ向かう?

「喫煙席でしたらすぐに案内できますが」と言うのは、よくあるパターン。

待つか、それともすぐに入れるところを優先するか。
ここはあなたが判断するのではなく、女性の意向を聞きましょう。

※女性の意向が最優先。これが基本です。
言うまでもなく、「タバコを吸う」という選択肢はない。

最近では、「タバコを吸っている」と言う理由で「パートーナー候補から外す」という女性も少なくありません。

・案内されなかった場合

「お好きな席へどうぞ」というケースもあります。
窓際の席にするか、それとも空いているゾーンを選ぶのか、難しいところです。

どちらにせよ、先導するのは男であるアナタの役目だと思ってください。

※ただし、先に女性の意向を聞くこと
常にコミュニケーションをとることを忘れないでください。

・窓際?壁際?ソファー?

席が決まったとして、どちら側に座りたいのかは個人の好み。
だからこれも、やっぱり「女性の意向を聞く」が正解です。

※間違っても「横並びに座る」ことはしない

・すぐにメニューを見ない

座ったと同時にメニューを見るのは、いかにも余裕がなさそうなのでやめておきましょう。

そして言うまでもなく、メニューが1つしかなかったら、まずは女性から見てもらうようにしてください。

注文する

飲み物を頼むのは当然だとして、食べ物はどうしましょうか?
ケーキ?それとも軽食程度なら頼むべきなのか?

そもそも飲み物はコーヒーでいいのでしょうか?

「注文」と言う当たり前の行為ですが、正解について考え始めると、選択肢が多すぎてキリがありません。

・メニューを吟味する

少なくとも、男であるアナタが「どれにしようか、メニューを隅から隅まで吟味する」というのはいただけません。

サッと見て、一言「それじゃあ俺は◯◯にしようかな」とでも笑顔で言って、あとは女性の反応を待ちましょう。

※飲み食いが主目的ではない。だから男はメニューを吟味しない。

・コーヒー?紅茶?

「それじゃあ俺は◯◯にしようかな」の「◯◯」ですが、大半の男がコーヒーを選ぶと思います。ですが、本当にコーヒーを選んでいいのでしょうか?

※コーヒーは口臭に繋がりやすい。万全を期すなら紅茶にした方が良い。

・ケーキが食べたいと思った

意外と多い男の甘党。ですが、「アナタだけがケーキを食べている」というシーンはありえません。
まずは女性に、「ケーキ、美味しそうですよね。食べませんか?」とでも聞いて見てください。

※女性が食べるのなら、アナタも食べてOK。

・小腹が空いている

アナタは小腹が空いています。ケーキなんかじゃなく、パスタとかを食べたい。

気持ちはわかりますが、女性が「実は私も」とでも言わない限りはやめておきましょう。
「どうぞ、食べてください」と言われたとしても、我慢するべきです。

・店員に注文する

女性の意向を聞いて、男がまとめてオーダーをするのがベストです。
もちろん、店員さんを呼ぶのも男の役目。

ちょっとしたシーンでのテキパキっぷりが高感度を高めてくれます。

※言うまでもなく、横柄な口調は絶対にNG。

スポンサーリンク