婚活男性の勝負所、2回目デート攻略法

「2回目」に対する男女の温度差について

「男が考える1回目の対面」ほど、女性の考えるそれは重くない、ということは常識だと考えてください。つまり、この「2回目」こそが本当のスタートラインだとも言えるわけです。

とは言え、アナタは「1回目の対面」をクリアしたこともまた事実。
あと1歩のところまで来ている、そう信じて全力を尽くしましょう。

・男にとっての「2回目」

男の感覚からすれば「再びあっているということは、もう付き合っているも同然だよな」と思ってしまう気持ちもわかります。

極端な話をすれば、

男「付き合おうよ」
女性「え?もう付き合ってるでしょ?」

みたいな展開になってもおかしくないと思ってはいませんか?

※もちろん、そんな「2回目」の妄想はいますぐにゴミ箱に捨ててください。

・女性にとっての「2回目」

女性が「また会いましょう!」と思ったからこそ「2回目デート」が実現しているわけですが、この「会いましょう!」を直訳すると、「嫌ではないので、もう1回くらいは話してみようかな」くらいの意味です。

つまり、男にとっての「1回目の対面」と、ほぼ同じ温度だということですね。

※逆にいうと、2回目がクリアできれば今度こそ大きく前進です。

・男がやりがちなミス

どうしても男は「(異性として)かなり好感を持たれている」という前提で「2回目の対面」に臨んでしまいがちです。

つまり、良くも悪くも「ぶっちゃけトーク」になってしまうのですが、これは最悪。
ほんの些細な悪印象が、「3回目」の可能性を消してしまいます。

※ハイテンションが故の空回り、これが2回目の最悪パターンです。

・女性のつれない態度

「2回目なんだから、きっと最初からニッコニコな笑顔だよな!」という甘い期待で行くと、女性の微妙によそよそしい態度に困惑してしまうかもしれません。

※くどいようですが、過度な期待はしないこと

・気にしない!気にしない!

女性の一挙一動を機にするのは、もうやめましょう。
少なくとも、「1回目で2時間話してみたけど、嫌だとは思わなかった」という位置にいることだけは間違いないんですからね。

1回目に女性と会うのは2時間にしておく理由はこちら

この「2回目」で、アナタの良さを感じてもらいましょう。

女性と「2回目」に会う時のミッションは?

2回目だとは言え、まだ胸を張って「デート!」だと言える段階ではありません。
それどころか、「また会いたいと思ったわけだから、俺に好意を持ってくれてるだろう」すらも当てはまらないかもしれない。

ですが、やっぱり「1回目」とは違います。ましてや、お茶ではなく食事ですからね。

・今回も「長い自己紹介タイム」

相手のことを知り、自分のことも知ってもらう。つまり、「1回目」と同じミッションですね。

→「1回目」のミッションの記事はこちら

ただし、すでに「1回目」で色々と話しているわけですから、今回はさらに掘り下げて行くことになります。

※気をつけて欲しいのは、ガンガン詮索するということではないということ。

・食事に行く

「今回もお茶」「飲みに行く」という選択肢もあります。
ですが、やはり「食事に行く」が自然でしょう(ランチでもディナーでも構いませんが、ここではディナーということで話を進めていきます)。

※言うまでもなくテーブルマナーも見られるので、これまで全く意識したことがなかったとしたら、最低限のことは調べて、身につけておくようにしましょう。

・1時間以上、2時間以下

時間設定は「1回目」と同じです。

→「1回目」の時間設定についてはこちら

食事のお店で2時間以上居座ることは不自然ですから、「つまらなくて1時間程度で切り上げる」以外は必然的に「2時間」となるでしょう。

※たとえ「1時間で切り上げる」展開になっても、会話の修行として全力トークを心がけてください。積み重ねがアナタの会話力をあげるのです。

・2軒目もあり

今回は当然、「軽く飲んでいきませんか?」の展開はありでしょう。
ただし、無理強いは絶対にダメ。女性が相当に乗り気でない限りは、潔く引いてください。

※空気を読んでから誘うこと、そしてダメならすぐに引くこと。

・服装はどうするのがいいか?

必要以上に気負う必要はないですが、「1回目」と同じ服装だけは避けましょう。
女性はそう言うの、よく覚えています。

同じスーツでも、前回が黒系なら今回はグレー系。シャツも、前回が無地ブルーなら今回はストライプ系など。この程度の変化はつけてください。

※1番自信のあるコーディネイトで臨みたい気持ちはわかりますが、気づかれたらアウトです。

スポンサーリンク