口臭改善に効く呼吸法と食事法とは?

鼻呼吸

あなたは普段、鼻呼吸ですか?口呼吸ですか?

いきなりこう言った質問をされても、「わからない」という人が多いかもしれません。
少し自分の呼吸に意識を集中してみましょう。

口は開いていませんか?

もしあなたが口呼吸をしていたとしたら、それが原因で口臭に繋がっている可能性があります。

口呼吸をする人は、ダイレクトに口の中の臭いを体外に放出するため、口臭がキツイと思われがちです。
犬の口がくさいなと感じる原理と同じです。

犬は基本的に口呼吸なので、口がくさいと感じますし、ドッグフードなどを食べた後は特に臭いがキツく感じますが、それも歯に挟まったりして残ったドッグフードの臭いが口呼吸によってダイレクトに感じられてしまうからなのです。

また、口呼吸をする人は口の中が乾いてしまいますよね。
口の中が乾いているということは唾液の量が少ないということ。

すなわち、口臭につながるということです。

普段からぼーっと口が開いているなと感じる人や、口呼吸になっていることに気づいたら、口を意識的に閉じて鼻呼吸を意識しましょう。

緑茶を飲む

口臭予防になる飲み物として「緑茶」があります。

お茶の渋みに含まれる「カテキン」や「フラボノイド」には強力な殺菌効果、消臭効果があると言われています。

ニンニクや香辛料をよく使う中国では、食後にウーロン茶やジャスミン茶を飲むのが一般的ですが、これは油を流す効果と、口臭予防のためにも理にかなった摂取の仕方なのです。

この中国の人たちの習慣をマネして、口臭予防のために食後に緑茶を飲むことを習慣にしましょう。

口臭予防になる食べ物

口臭予防になる食品がいくつかありますのでご紹介します。

梅干し

梅干しを昔の人はお茶と一緒に食後やおやつとして摂取したり、現代でいうとガムの代わりとして食べていたと言われています。

梅干しを想像するだけで、唾液が出ますよね。

〈写真〉

そうなんです、梅干しを食べると、その酸っぱさから唾液の分泌が増え、口臭予防に繋がるのです。食べ過ぎは塩分過多になるので気をつけたいところですが、食後にお茶と梅干し一粒・・・を習慣にすると口臭予防に効果的です。

フルーツ

フルーツの甘酸っぱさのもとである「クエン酸」も梅干し同様、唾液を分泌を促すので、口臭予防に効果的です。

食後にケーキ・・・だと、佐藤が大量に含まれているため、歯垢を生成しやすく、口臭予防としてはマイナスです。

そんな時は、食後にフルーツがおすすめです。

なかでも、
・りんご
・グレープフルーツ
・オレンジ
・ぶどう
・キウイ

など酸っぱさの強いものがおすすめです。

「フルーツがいいのはわかったけど、値段が高いからジュースはどうなの?」と考える人もいますが、こちらは要注意。

一般で売られている「オレンジジュース」や「グレープフルーツジュース」などは、原材料を見てみると、実は果実が入っていない場合や、果汁100%ジュースと記載があっても、濃縮還元されていて、フレッシュなものではなく、加熱処理されているものなども多いので、生のフルーツと同じような効果を期待できるとは限りません。

毎回、食後にフルーツを食べるというのは厳しくても、フルーツを食べることは口臭予防につながるということを頭に入れておくだけでも違いますよ。

スポンサーリンク