口臭の原因とは?【すぐに出来る予防法あり】

口臭の原因は1つだけではありませんが、あなたもまず考えるのは口の中ですね。

虫歯からくる口臭

歯磨きを怠ると、食べかすをエサにして繁殖した最近の塊である歯垢ができます。
これを放置することで、最近が唾液に含まれるカルシウムを吸着し、歯磨きではなかなか落とせない歯石に変化します。

そして、歯垢や歯石が虫歯の原因となり、口臭を発生させるのです。

歯垢から歯石へと変わるスピードは約2日と早いので、毎日の歯磨きが重要になります。
また、定期的に歯医者さんで歯石を除去してもらうも口臭予防には有効な手段です。

虫歯からは硫黄のようなニオイが発生し、進行が進むにつれ強い口臭を伴うようになります。
日頃からこまめに歯磨きをして、歯間ブラシなどでケアすることがとても大切です。

舌苔からくる口臭

虫歯以外にも口臭の原因はあります。

「舌苔」と呼ばれる舌の表面にある白い苔のようなものです。
舌苔は口の中の細胞や、新陳代謝によってはがれた上皮細胞などが舌の表面に付着したものです。
多少の付着は問題ありませんが、舌苔が多くなればなるほど口臭は発生しやすく、ニオイもきつくなります。

病気からくる口臭

口臭は、実は口内だけが原因ではなく、その先の期間が原因の場合もあります。
つまり、口臭は病気などの危険信号にもなります。

ニオイのタイプ別、疑わしい病気

ドブやカビのようなニオイ

肝臓の働きが正常でないと、分解しきれないニオイ物質が口臭にも出るようになり、ドブのようなニオイや、重症の場合カビのようなニオイがすると言われています。

腐った卵のようなニオイ

胃腸系の病気にかかっていると腐った卵のニオイ(硫化水素)のような独特のニオイがする可能性があります。

腐った肉のようなニオイ

口内炎、歯槽膿漏などの口の中の病気、蓄膿症、鼻炎などの鼻やのどの病気、肺炎や気管支炎といった呼吸器系の病気の場合、生臭いような肉の腐ったような独特のニオイがすることもあります。

甘酸っぱいニオイ

甘酸っぱいニオイがする場合、糖尿病の疑いがあります。
また、間違ったダイエットを行なっていると甘酸っぱいニオイがすることもあります。

食生活で口臭改善

口臭予防に効果的な食生活を心がければ、口臭改善にも繋がります。

口臭予防に効く食品とは、
・カルシウム
・カリウム
・ナトリウム

を多く含んだアルカリ性食品である、緑黄色野菜や海藻類を取るようにしましょう。

野菜を食べるのが難しい場合には、青汁や野菜ジュースもオススメです。

唾液作戦で口臭予防を

口臭を抑えるために即効性のある対処法としては、「唾液の分泌を増やすこと」が重要になります。唾液の分泌を促すには、口や舌をよく動かすことが大切です。

そのためにはまず朝食をきちんと食べる習慣をつけましょう。
そして、楽しく会話することも口や舌を動かすことに繋がります。

ずっと黙って口を閉じていると、寝ているときとお内容に唾液の分泌が低下し、構内に最近が繁殖します。

効果的な対策は。唾液の分泌を促す「お口体操」です。

お口体操とは?

①まずは上の歯と下の歯を噛み合わせてカチカチ鳴らします。

②次に舌を口の中で左右それぞれ12回程度グルグル回します。

④次に「パピプペポ」の発音を10回繰り返します。

⑤これをワンセットとして、2分ほど繰り返します。

この簡単な「お口体操」で唾液の分泌を促進し、口臭予防の効果があります。

スポンサーリンク