オイルプリングは簡単で強力な口臭予防

オイルプリングとは?

オイルプリングは、「植物油で口をすすぐ」という健康法で、インドの伝統医学「アーユルベーダ」の中の自然療法を起源としています。

最近では、ハリウッド女優たちがオイルプリングを実践していることが話題となり、注目を集めています。

なぜ、オイルプリングが、口臭予防だけでなく健康に良いのか?

口の中に無数にいる細菌を取り除くことが、身体全体に良い影響を与えるからです。

身体はさまざまな感染症の原因となる細菌を、絶えず撃退しています。
その負担が軽減されることで、免疫力が高まるということです。

つまり、オイルプリングそのものが病気や症状を治すのではなく、身体が治す力をオイルプリングによって引き出す、と考えることができます。

オイルプリングの効果は?

オイルプリングの最も明らかな効果は、口の健康状態の改善です。
歯肉はピンク色で見た目が健康的になって、息が爽やかになります。

素晴らしいのは健康面への良い影響がこれだけではない点です。

オイルプリングで効果があったと報告されている症状はこんなにあります。

・口臭
・ニキビ
・糖尿病
・アレルギー
・アレルギー
・喘息
・高血圧
・腰痛
・不眠症
・偏頭痛
・気管支炎
・慢性疲労
・歯周病
・歯肉出血
・便秘
・虫歯
・皮膚炎
・副鼻腔炎

オイルプリングのやり方

オイルプリングは、口の中を植物油ですすぐだけの簡単な健康法です。
使用する植物油は、ごま油、オリーブオイルなどなんでも構いませんが、特にオススメなのがココナッツオイルです。

ステップ1:始める前に水を飲む

オイルプリンングを行う前に、唾液を出しやすくするために水を飲みます。
唾液は細菌を除去する助けとなります。

慣れるまでは、食事前の空腹の時に始めましょう。
満腹の状態だと、口が苦しくなってしまう可能性があります。

ステップ2:ココナッツオイルを口に含む

ココナッツオイルを大さじ約1杯(小さじ2〜3杯)すくい、口の中に入れます。

25℃で液体になるので、夏場以外は白く固まっています。

オイルプリングをしている間に、唾液が出てくるので口の中がいっぱいにならないように、慣れるまでは少なめのオイルで始めてください。

ステップ3:オイルを口の中で動かす

唇を閉じたまま、口の中でオイルを動かしていきます。
歯と歯の間に吸い入れたり、押し出したりして、15分〜20分間、まんべんなく動かし続けましょう。

苦しくなったら、途中で我慢せずにオイルを出してやり直し。
合計で15〜20分間行いましょう。

オイルを動かしている間は、本を読んだり、テレビを見たり他のことを一緒にしていて大丈夫です。むしろそのほうが時間を気にしすぎることがなくなります。

ステップ4:オイルを捨てる

オイルを紙やポリ袋に出して、ゴミ箱に捨てます。
口を水ですすぎ、喉が渇いていたら水を飲みましょう。

オイルプリングをした後は、口の中がとても爽やか^^
この手順を最低1日1回行います。

※詰まりの原因になるので、オイルは流しや排水溝に捨てないでください。
ティッシュ、キッチンペーパーなどに吐き出してからゴミ箱に捨てましょう。

スポンサーリンク