なぜ自分の口臭はわからないのか? 

人間の脳はけっこういい加減なもので、今ここにないニオイまで「ある」と錯覚してしまったりします。

ある意味、いい加減というよりは高機能とも言える能力ですが、記憶の中のニオイを今ここで思い出すことが可能なのです。
潜在意識に記録された「ニオイ」を再現できてしまうのです。

たとえば、カレーの匂いを思い出してください。
思い出すことができますよね?

かなりじっくり思い出せば、リアリティーを持って、すぐにいま目の前にあるかのように思い出すことも可能です。

味もそうですよね。

今、梅干しが口の中にあることを、できる限りリアルに想像してみてください。

唾液が溢れてきませんか?

実際には梅干しは口の中にないのに、味わっている感覚になり、その結果、身体は唾液を出すという反応をしてしまうのです。

嗅覚の特性

また一方で、「ある」ニオイを「ない」ことにしてしまうこともできるのです。
これが、口臭があるにも関わらず、自分で気づけない理由です。

これは人間の嗅覚の特性に原因があります。

たとえば他人の家に行った時。
玄関を開けた瞬間、独特のニオイを感じます。

一軒一軒、明らかに違うニオイがありますよね?
だいたいにおいて、「くさい」と感じるよりは「ん?」と思うような、不快ではないけれど、馴染みのないニオイではないでしょうか。

しかし、その家の人はそれには気づいていません。
家の人は「ニオイはない」と思っています。

自分の家にも独特のニオイがあるはずですが、よほど気をつけないとわからないと思います。
帰宅するたびに「あ~自分の家のニオイ」と明らかに感じることは少ないでしょう。

これが嗅覚の特性によるものです。
嗅覚はニオイに慣れてしまうという特性があるのです。

嗅覚の疲労

たとえば、先ほどのカレーの話でもそうですが、カレーのニオイを嗅いだときには「ん〜いいニオイ」と、とても香ばしく感じますが、食べ終わった後にもまだ「いいニオイ〜」と感じることはあまりないと思います。

鼻はニオイには、じきに慣れてしまうのです。

「ニオイに慣れる」と言いましたが、お医者さんが使う言葉では「嗅覚の疲労」と呼ばれている現象です。

実は、人間の嗅覚はとても疲れやすく、じきにニオイに鈍感になってしまうのです。
そして同じニオイを嗅いでいると、ニオイがわからなくなるのです。

お客さんとして、お寿司屋さんに入ると少し酸っぱいようなニオイ(お酢のニオイ)やお魚のニオイを感じることありますよね。

しかし、そこで働いている人はもうそのニオイに慣れてしまっていて、ほとんど気にならなくなっていたりします。
焼肉屋さんやラーメン屋さんでもそうですね。

これが、実際にはニオイがあるのに、自分の口臭に気づけない理由です。

もし自分に口臭があると分かっていれば、何かしらの対策を講じるのではないでしょうか?
このように、一番問題なのは、自分の口臭に気づきにくいということなのです。

「じゃあ、指摘してあげましょう」「みんなで指摘し合いましょう!」

・・・という簡単な話ではすまないところが、口臭のややこしいところ。
ニオイを指摘するのはタブーとされているので、「ねえ、口臭クサイよ」とは言えない現実があるのです。

スポンサーリンク