あなたの口臭をクサくするストレスとは?

一般的に「口臭にいい」と信じてやっちゃっているけど、実は全然効果がないこと、あるいは逆に口臭の引き金になっていることがあります。

いわゆる「あるある」ですね。

ポイントは「ストレスが口臭を引き起こしている」という点です。
そう、ストレスを溜めなければいいのですが、一口にストレスと言っても、実はありとあらゆること、自分では気づきもしなかったことがストレスになっているのです。

「まさか。それがストレスだったなんて!」

と、自分ではストレスとは夢にも思っていなかったような意外なことが、実はさまざまなストレスとなっているのです。

では、その意外なストレスとは一体なんなのかを明らかにしていきましょう。
そして、このストレス対策こそが口臭予防の必勝法になるのです。

口臭に関係するストレスって何?

口臭に関係する「ストレス」について簡単に解説するとこういうことになります。

ストレス状態というのは、唾液の分泌に影響するような薬品やさまざまな化学物質、歯周病などの炎症をともなう病気、不安がその原因ということです。

また、肉体的ストレスというものもあります。
つまり、身体を疲労させるものもストレスである、ということです。

流れるドブ川はニオわない【唾液がとにかく重要】

まず基本的なことを今一度押さえておきましょう。

ちょっと難しい話になりますが、唾液が出る・出ないというのには、自律神経が関わっています。自律神経が活発(交感神経優位)になると唾液は出なくなります。

一方で副交感神経が優位になると唾液はよく出るようになります。

わかりやすくいうと、交感神経優位とはドキドキするような時、緊張状態の時。
つまりそれがストレス状態の時なのです。
心当たりがあるかもしれませんが、人前で話すときなど、緊張するとノドがカラカラになりますよね?

つまり唾液が出なくなって口が乾くのです。

そしてその時に雑巾やふきんの生乾きのようなニオイが発生します。
これは特に舌の上に潜んでいる菌が出す「ガス」のニオイです。

唾液がたくさんある時は、このガスが発生しにくいのでニオイにくく、唾液が減って舌の表面が乾きがちになると一気にこのニオイが口の中に立ち込めるのです。

例えるなら、ドブ川の底にヘドロが溜まっていても、たっぷり水が流れている間は、多少水が汚れていてもあまりニオいませんが、水が干上がった途端にドブのニオイが立ちこめます。

川の水を唾液に、ドブの底を舌の表面に置き換えてイメージするとわかりやすいと思います。

一方で副交感神経優位というのはリラックス状態の時で、ぼ〜っとしている時などです。
放心状態の時に口が半開きになり、唾液がタラリ、なんてシーンは誰しも見覚えがあるはずです。

まとめ

口臭を引き起こす「ストレス」というのは1つだけということはありませんが、ストレス状態と唾液は関係していて、唾液と口臭は密接に関係しているというのは覚えておいてください。

スポンサーリンク