あなたの口臭をクサくするストレス【歯磨き剤・うがいの勘違い】

おそらく、みなさんが口臭対策と思ってやっていることが、実は口臭をかえって悪化させてしまっている場合があります。

では、口臭を発生させるストレスや、口臭の原因について、ビックリな事実をお伝えしていきます。

口臭を発生させるストレス:「口臭予防」の歯磨き剤

歯磨き剤はさまざまな成分でできあがっていますが、この中の特に「泡」を発生させる成分には舌の表面をカサカサにしてしまう作用があります。

カサカサとはつまり乾燥するということです。

泡を発生させる成分というのは具体的に「ラウリル硫酸ナトリウム」といい、市販の歯磨き剤のほぼすべてに入っています。
歯磨き剤のパッケージにちっちゃな字でコソッと書かれている成分表示に目を凝らしていただければわかります。

例えば、食器用の洗剤で手荒れを起こす人は多いと思いますが、同じようなことが「ラウリル硫酸ナトリウム」によって起こるのです。

手荒れとは手の表面が乾燥してしまう状況を指しますが、まさに手荒れならぬ「粘膜荒れ」が引き起こされてしまっているのですね。

ラウリル硫酸ナトリウムは「荒れ」を起こすだけでなく、さまざまな問題を引き起こします。
その1つが「味蕾(みらい)細胞(舌の上にある、味を感じる細胞」に対する影響です。

これもみなさん経験があると思うのですが、歯磨き剤で歯を磨いた後、コーヒーの味がおかしくなったり分からなくなったりするのは、ラウリル硫酸ナトリウムが味蕾(みらい)細胞を一時的に麻痺、あるいは破壊してしまうからなのです。

このように、歯磨き剤に含まれる化学物質が口の中の粘膜や細胞に「ストレス」を与えてしまっていることが意外と知られていません。

「ラウリル硫酸ナトリウム」は一般に「合成界面活性剤」、もっと簡単に言えば「洗剤成分」のことです。

合成界面活性剤について調べていくと、実はとんでもなく身体に影響を与える物質だということがわかってくるのですが、興味のある方は検索してみてください。

ギョッとするような情報が山ほどでてきますよ。

「しっかりうがい」も間違い?!

さらに、歯磨き後に歯磨き剤の味を消すべく、しっかり「うがい」をするという行為も、実は口臭の原因になってしまうのです。

しっかりうがいをすると、先ほどお話ししたようにお口の中を潤しておく最高のアイテムである「唾液」も一緒に捨ててしまうこととなり、口を乾燥させることにつながっていくのです。

このように、何気なく普通にしている「歯磨き剤をつけてしっかり泡立てて歯を磨く」という行為が、実は口臭の原因になってしまうことがあります。

スポンサーリンク